English

 イノベーション創出に向けたプロジェクト・マネージャー育成プログラム開発研究
  Development of Project Manager Training Program for Innovation

 Introduction

荒磯先生

産学・地域協働推進機構 特任教授 荒磯 恒久
Tsunehisa Araiso, Ph. D. Institute for the Promotion of Business-Regional Collaboration, Professor
E-Mail:chiiki-innovation@mcip.hokudai.ac.jp


 2012年からスタートした文科省事業「地域イノベーション戦略支援プログラム」では「人財育成」が重視されています。イノベーションの創成には、旺盛な「アントレプレナーシップ(企業家精神)」と社会科学も含むサイエンスの成果を産業に結び付ける活動との融合が本質的に重要となります。イノベーションを創出するためには、最先端技術だけではなく、社会のニーズを先取りした事業形成を最初の段階から考える必要があるのです。
 イノベーション・マネージメントは新たなアイディアを創出し、アントレプレナーの活躍によってそのアイディアを成長させ、事業化することを目的としています。従ってプロジェクト・マネージメントの前段階をも含む広い概念を持つマネージメントが要求されることとなります。これを行う人材には産学官各ドメインの特徴を熟知して最善のコーディネーションを行うスキルと共に、マーケットと技術の将来性に対する洞察力、知財の戦略的活用、生産と経営管理能力、海外市場を見据えた国際性、ネットワーク構築のための求心力をも備える必要性があります。
 この「イノベーション・マネージャー育成プログラム」では座学と少人数構成の「実践プロジェクトセミナー」を通して、イノベーション創生を展望できる人材育成を目指しています。

  For innovation, following two elements must be fused, which are a) vigorous entrepreneurship, and b) coordination between the knowledge of science and commercialization. Innovation management requires high coordination skill among three domains such as industry, academia and government. This innovation manager training course aims to produce new innovation leaders through lectures and practice for real project management.

 Personal histry of Araiso ※PDF
 Introduction of Araiso ※PDF