Information (2016.6.3): 
 平成28年度 イノベーションマネージャー育成講座「基礎コース」


 平成28年度 イノベーションマネージャー育成講座「基礎コース」

  主催:北海道大学 産学・地域協働推進機構
  共催:会議・研修施設 ACU/アキュ

コースの概要:
 本講座は文科省事業地域イノベーション戦略支援プログラムの一環として行っている、北海道地域におけるイノベーションマネージャー育成プログラムの基礎コースです(管理法人:ノーステック財団)。このコースでは科学技術を基盤としたイノベーション創生のシステムに関して、産学連携の機能や欧米におけるシステムを解説し、日本に適したイノベーション創生システムを考えます。

日時:平成28年6月14日(火)から7月12日(火)まで、
   6月28日を除く毎週火曜日18:30-20:40
場所:会議・研修施設ACU/アキュ
      札幌市中央区北4条西5丁目 アスティ45、16階
   (部屋番号は当日ACU入口に掲示します。)
講師:荒磯恒久(北海道大学 産学・地域協働推進機構 特任教授)
   定員:40名
受講料および受講資格:無し
連絡・申し込み先:(E-メールまたはFAXでお申し込みください。)
   北海道大学 産学・地域協働推進機構 イノベーションマネージャー育成担当
    E-mail : chiiki-innovation@mcip.hokudai.ac.jp
    Tel : 011-706-7304、 FAX : 011-706-9550))
〆切:6月13日(月)
会場へのアクセス:次のURLをご参照ください。http://www.acu-h.jp/

講義テーマと日時:
ダイジェスト版PDF : 2016基礎コース(ダイジェスト)
本版PDF : 2016基礎コース

第1,2講  6月14日(火) 18:30-20:40
 第1章 技術基盤イノベーションの基礎知識
   1-1 産と学との対話
   1-3 イノベーション
   1-4 アントレプレナーシップ
第3,4講  6月21日(水) 18:30-20:40
 第2章 産学官連携の機能
   2-1 技術移転とコーディネーション
   2-2 商品開発研究と知財戦略
第5,6講  7月5日(火)  18:30-20:40
 第3章 アメリカ、ヨーロッパのイノベーション創生システム
  3-1 アメリカのシステム
  3-2 ヨーロッパのシステム
第7,8講  7月12日(火) 18:30-20:30
 第4章 日本のイノベーション・システム
   4-1 スタートアップ型とネットワーク型
   4-2 システムの発展方向
   4-3 ケーススタディ: 北海道のシステム
 第5章 次世代イノベーション
修了式 7月12日(火) 20:30-20:45

講師プロフィール:
荒磯恒久(北海道大学 産学・地域協働推進機構 特任教授)
北大のバイオ研究者から転じて1996年から産学連携業務を始める。産学連携本部副本部長等を歴任し、2012年北大退職。その後、文科省事業、イノベーションマネージャー育成プログラム開発に着手。世界のシステムを研究し、日本型イノベーションシステムを探り、その中でマネージャーやコーディネーターの果たす役割をまとめている。

 

 Information (2015.10.29): 
 平成27年度 イノベーションマネージャー育成講座 アドバンストコース


 平成27年度 イノベーションマネージャー育成講座 アドバンストコース

  主催:北海道大学 産学・地域協働推進機構
  共催:会議・研修施設 ACU/アキュ

コースの概要:
 イノベーションを創生するためのスタートアップに必要な条件を、3人の起業家の足跡を検証しながら考え、さらに産学官テクノポリス形成の例として、グレーターワシントン・エリアの形成をワシントン在住の日本人ソーシャル・アントレプレナーの講義をもとにネットによるディスカッションを行い理解する。テキストを配布。

日時: 2015年11月10日(火)から12月1日(火) まで毎週火曜日 (4日間8講)
    講義時間 1時限:18:30-19:30 2時限: 19:40-20:40
会場: 会議・研修施設ACU/アキュ
    札幌市中央区北4条西5丁目 アスティ45 16階
講師: 荒磯恒久(北海道大学 産学・地域協働推進機構 特任教授)
    今村勝征(ワシントン・ストラテジー・グループ Inc. 代表取締役)
定員: 20名
受講料および受講資格:無し
連絡・申し込み先: (E-mail またはFaxでお申し込みください)
   北海道大学 産学・地域協働推進機構 担当:荒磯恒久
   E-mail: chiiki-innovation@mcip.hokudai.ac.jp
   Tel : 011-706-7304  Fax : 011-706-9550


講義テーマと日時:
第1講  11月10日(火) 18:30-19:30
    「ワシントンで最も成功した日本人女性・久能祐子氏の軌跡」
     2015年1月および10月の講演ビデオ(英語、一部日本語字幕)(講師:荒磯)
第2講  11月10日(火) 19:40-20:40
     ディスカッション:久能氏の成功をもたらしたターニングポイント
第3講  11月17日(火)18:30-19:30
    「北海道が生んだハイテク企業:レーザーシステム・土内氏」(講師:荒磯)
第4講  11月17日(火)19:40-20:40
     ディスカッション:大学の研究を活用してオンリーワン技術を獲得する戦略
第5講  11月24日(火)18:30-19:30
     「人間の健康を追及したバイオベンチャー:プライマリーセル・平氏」(講師:荒磯)
第6講  11月24日(火)19:40-20:40
     ディスカッション:事業の背景にあるサイエンスを探る
第7講  12月1日(火)18:30-19:30
    「Greater Washington : Politics to Knowledge」(講師:今村、ビデオ)
第8講  12月1日(火)19:40-20:40
     スカイプによるワシントンとのディスカッション:ワシントンと北海道のイノベーション提携の可能性


講師プロフィール:
荒磯恒久:北海道大学 産学・地域協働推進機構 特任教授
 文科省事業「イノベーションマネージャー育成プログラム開発研究」に従事し、これまでアメリカやヨーロッパのイノベーションシステムを参考にコーディネートによる日本型システムを提唱。イノベーション創生実践ネットワークを形成しマネージャーを育成している。
今村勝征:President, Washington Strategy Group Inc.
 ワシントンDCに在住し、コンサルティング会社を経営する一方、日米をつなぐネットワーク WIN (Washington Innovation Network) を主催している。ワシントンエリアのアメリカ政府機関、大学、日本大使館、日本企業のワシントン拠点等に幅広い人脈を形成している。

 

 Information (2015.4.27): 
 5月12日、第1講『産と学との対話』、第2講『産学官連携史』~公開講座~


 第1講『産と学との対話』、第2講『産学官連携史』~公開講座~

◆文科省事業、イノベーションマネージャー育成プログラムの基礎コース1の第1講「産と学との対話」、第2講「産学官連携史」を、5月12日に行います。

日時:2015年5月12日(火)18:30-20:40
会場:会議・研修施設ACU/アキュ (アスティ45、16階)
   札幌市中央区北4条西5丁アスティ45 16階(部屋番号は当日ACU入口掲示)
   マップはこちらから:http://www.acu-h.jp/
講師:荒磯恒久(北海道大学 産学・地域協働推進機構 特任教授)
受講料:無料
申し込み:下記メールに氏名、所属を添えてお申し込みください。
     chiiki-innovation@mcip.hokudai.ac.jp
     電話:011-706-7304
     (イノベーションマネージャー講座担当)
     なお、当日、申し込み無しの出席も可能です。

◆講義内容の紹介
第1講「産と学との対話」:産と学は独立に発展してきたものではありません。下の図は、下段の原子物理学や量子力学(基礎科学)が数多くの電子機器(製品)を生み出し、その製品を用いてさらに基礎科学が発展し、再び新たな製品を生み出していく流れを図示したものです。本講義では産と学は、昔から対話をしながら発展してきたことを紹介します。

第2講「産学官連携史」:我が国では1995年に制定された「科学技術基本法」を基礎として産学官連携が発展して来ました。産と学とのリエゾン、科学技術を基盤としたベンチャー起業、学の基礎研究から生み出された知的財産の活用を軸として、様々な法制度、政府の支援メニューによって産学官連携が発展しています。これら、我が国のイノベーション創生の基盤システムがどのように形成されてきたかを解説します。

 

 Information (2015.4.6): 
 第4回産学官交流会 ~ Innovator’s Square (I-Square)~


 イノベーションについて語ろう。

square

 

  と き:2015年4月21日(火) 18:30-20:45
  ところ:北海道ビジネスサポートセンター  Tel:011-252-1616
      (札幌市中央区北1条西 3丁目 3-41 マルイト時計台ビル9F)
  会 費:2000円

 

    

 
innovation

 

map

 

             プログラム
第1部 情報提供 18:30-19:10
 イノベーションとアントレプレナーシップ
  荒磯恒久 氏  北海道大学 産学・地域協働推進機構 特任教授
 
第2部 交流会  19:15-20:45+α (ワインとオードブル)
 ◆ エクサイティング   全員参加の1分間スピーチ
 ◆ 情報交換とIDEATION イノベーションアイディアとは
 ◆ 後片付け
参加希望の方は下記アドレスまでメールでお申し込みください。
4月20日(月) 〆切。
chiiki-innovation@mcip.hokudai.ac.jp
(イノベーションマネージャー育成担当)
  Tel : 011-706-7304
Innovator’s Square 事務局
 吉澤慶記:㈱北海道新事業創造プラザ
 http://hokkaido-incubation.jp/
 荒磯恒久:北海道大学 産学・地域協働推進機構
 http://or.research.hokudai.ac.jp/pm_train/

 

 Information (2015.4.6): 平成27年度 イノベーションマネージャー育成講座

 主催:北海道大学 産学・地域協働推進機構
 共催:会議・研修施設ACU/アキュ http://www.acu-h.jp/

 基礎コース 1 「科学技術を基盤とするイノベーションシステム」

本講座は文科省事業地域イノベーション戦略支援プログラムの一環として行っている、北海道地域におけるイノベーションマネージャー育成プログラムの基礎コースです。このコースでは科学技術を基盤としたイノベーション創生のシステムに関して、産学連携の機能や欧米におけるシステムを解説し、我が国のイノベーション創生への道を探ります。

日時:平成27年5月12日(火)から6月9日(火)まで、毎週火曜日18:30-20:40。
場所:会議・研修施設ACU/アキュ 
   札幌市中央区北4条西5丁目 アスティ45、16階 (部屋番号は当日ACU入口に掲示します。)
講師:荒磯恒久(北海道大学 産学・地域協働推進機構 特任教授)
申し込み方法:下記のアドレスへEメールでお申し込みください。5月8日(金)〆切。
   chiiki-innovation@mcip.hokudai.ac.jp
   (北海道大学 産学・地域協働推進機構 イノベーションマネージャー育成担当)
   Tel : 011-706-7304
受講料:無料
講義内容
第1章 産と学との連携
  第1節 産と学との対話              5月12日(火) 18:30-19:30
  第2節 産学連携史                5月12日(火) 19:40-20:40
  第3節 イノベーション 5月19日(火)  18:30-19:30
第2章 産学官連携の機能
  第1節 技術移転                 5月19日(火)  19:40-20:40
  第2節 商品開発研究と知財戦略          5月26日(火)  18:30-19:30
  第3節 コーディネーション            5月26日(火)  19:40-20:40
第3章 欧米におけるイノベーション創生のシステム
  第1節 アメリカでのシステム           6月2日(火)  18:30-19:30
  第2節 ヨーロッパでのシステム          6月2日(火)  19:40-20:40
第4章 我が国のノベーション創生への道
  第1節 オープンイノベーションとイノベーションエコシステム 6月9日(火)  18:30-19:30
  第2節 日本型イノベーションシステム       6月9日(火)  19:40-20:40

修了証:過半数の講義を聴講した方に授与します。

講師プロフィール
1978年北大大学院理学研究科化学専攻博士課程修了。1978年カナダ・アルバータ大学、1980アメリカ・イリノイ大学博士研究員。1983年北海道大学・応用電気研究所(現・電子科学研究所)助手、1989年同助教授。レーザー分光法により細胞膜の分子運動を研究。1996年同大学に新設の先端科学技術共同研究センター助教授、産学連携に携わる。2001年同センターリエゾンオフィス教授。2005年創成科学共同研究機構リエゾン部長。2001年北海道産学官連携研究会HoPEの設立に携わり運営委員長等を歴任。2005‐2007年NPO法人産学連携学会会長。2007-2011年文部科学省地域科学技術施策推進委員会委員。2007年知財・産学連携本部事業化推進部長(創成と兼任)。2009年2012年3月産学連携本部副本部長。2012年4月より特任教授。2012年7月より文科省事業「地域イノベーション戦略支援プログラム」において「イノベーションマネージャー育成プログラム開発研究」を担当。
(産学連携本部は2015年4月1日より産学・地域協働推進機構に改称)

著書等:
「イノベーション創出に向けた産学官連携システム」 キンドル版電子図書、2014
「産学官連携システムの多様性 ―イタリアを例に―」産学官連携ジャーナル(ネット版)
  Vol. 10, No. 3, pp22-24、2014
「欧米における産学官連携と日本の特徴」産学連携学、第10巻、第1号、pp1-12、2014

URL: http://or.research.hokudai.ac.jp/pm_train/

基礎コース1以降のイノベーションマネージャー育成講座 平成27年10月6日(火)より11月10日(火)まで、毎週火曜日に、基礎コース2「科学からビジネス形成のマネージメント」を開講。その後、アドバンストコースとして「実践セミナー」を開講し、テーマに沿ってマネージメントの実践を行います。修了者には「イノベーションマネージャー」認定証を授与。

ネット公開講座の開講
講義をYouTubeで視聴できるネット公開講座を開講中。詳しくは下記URLを参照してください。
http://or.research.hokudai.ac.jp/pm_train/

 Information (2015.1.15): Eラーニングを開設しました


 イノベーションのための産学官連携システム

 基礎コース1をE-ラーニングで学べます。
 全12講(1講は平均60分授業です)をYouTubeで限定配信します。
  受講希望の方は下記アドレスにメールにてお申し込みください。受講者専用のYouTubeアドレスをお知らせします。
 この専用アドレスからビデオによる講義を視聴できます。講義資料は別途お送りいたします。
 受講料は無料です。課題レポートを提出することにより、修了証を授与します。
  受講ご希望の方は下記メールまでお申し込みください。

 chiiki-innovation@mcip.hokudai.ac.jp 担当:荒磯恒久

 講義概要  スライドお試し版

               
第1章 産学官連携の基礎知識第3章 産学官連携の機能
 第1節 産と学との対話 イメージビデオ   第1節 技術移転
 第2節 産学連携史 第2節 商品開発研究
 第3節 イノベーション イメージビデオ  第3節 知的財産戦略
  第4節 コーディネーション
第2章 産学官連携の構造第4章 イノベーション創成のプロセス
 第1節 日米欧の構造 第1節 産学官連携のプロセス イメージビデオ
 第2節 ネットワーク 第2節 イノベーションマネージメントとコーチング
 第3節 イノベーションエコシステム


 
◆ 講義ビデオお試し版
  第1章「産学官連携の基礎知識」
   第3節「イノベーション」の冒頭部分(約15分間)
   http://youtu.be/_L621WaG7-A



 Information (2015.1.15): 基礎コースの講義ノートをキンドルから出版しました


 イノベーション創出に向けた産学官連携システム

 講義で使用したスライド(基礎コース1と基礎コース2の一部)を編集しものです。(全5章)
 http://www.amazon.co.jp/%E8%8D%92%E7%A3%AF-%E6%81%92%E4%B9%85/e/B00MTGRNLC

   
第1章
産学官連携の
基礎知識
第2章
産学官連携の
機能
第3章
産学官連携の
構造
第4章
産学官連携の
プロセス
第5章
イノベーションの
創成


 

 Information (2015.1~): 
 産学官交流会“Innovator’s Square”を開催 (2015年3月9日更新) 


 産学官交流会“Innovator’s Square”

 
イノベーション創出を志す産学官のプレーヤーが、普段着で想いを語り合う会

第3回 I-Square を2015年3月26日(木)に開催します。
 18:30-19:10 第1部 話題提供 : フリーソフトによるビジネスの可能性 その2
     高橋 友明 氏 (TAKAHASHI DESIGN 代表) 「レーザーカ ッターで試作品作り」
     齋藤 厚作 氏 (LEAP ARROWS 代表)    「二段階認証で情報プロテクト」
 19:15-20:45 第2部 交流会 ◆参加者全員による1分間スピーチ
                ◆情報交換とIDEATION


innovation

Science, Business, Entrepreneurship,People
が交差する広場です


map

Innovator’s Square 事務局
吉澤慶記:㈱北海道新事業創造プラザ
荒磯恒久:北海道大学 産学連携本部
連絡先:chiiki-innovation@mcip.hokudai.ac.jp
(担当:荒磯恒久)



I-Square バックナンバー

第1回:2015年1月21日(水) 開催。産学官から38名の参加があった。
  話題提供   フード・メディカル・イノベーション構想
畠 隆 氏 (北海道大学 産学連携本部チーフマネージャー)

第2回:2月25日(水) 開催。参加者30名。
  話題提供   フリーソフトによるビジネスの可能性
            荒磯慎也氏 (La Terra Coltivata 代表)
                  「フリー3D-CADで試作品作り」
            小野寺不二男氏 (ジップコーポレーション㈱代表取締役)
                  「フリーソフトでできるネット通販事業」  



 

 Information (2015.1.15): 「基礎講座1,2」 ビデオ&スクーリング


 イノベーションマネージャー育成講座 “ビデオ&スクーリング(基礎コース1,2)”のご案内

 
“ビデオ&スクーリング”講座は北海道大学の教室でビデオを視聴し、必要に応じて講師とディスカッションしながら知識を習得するコースです。

会場: 北海道大学 北キャンパス総合研究棟3号館 曜日・時間:ご相談下さい。
連絡先: chiiki-innovation@mcip.hokudai.ac.jp  荒磯

基礎コース1: イノベーションのための産学官連携システム(全12講、6回)
基礎コース2: 科学からのビジネス形成マネージメント(全10講、5回)


 講師紹介

 

Tsunehisa, ARAISO
荒磯 恒久:国立大学法人 北海道大学 産学・地域協働推進機構 特任教授
国立大学法人 北海道大学 名誉教授
Katsuya, HIROKAWA
廣川 克也:慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス インキュベーションマネージャー
KIEP研究コンソーシアム事務局長
Hiromi, OHONO
大野 裕深:株式会社カルナ 代表取締役
Ken-ichi, UEHARA
上原 健一:有限会社 つくばインキュベーションラボ 取締役
Yoshinori, YOSHIZAWA
吉澤 慶記:株式会社北海道新事業創造御プラザ 代表取締役
Akio, HITOSHIO
一入 章夫: IPアシスト特許事務所弁理士
Toshio, TAIRA
平 敏夫:コスモ・バイオ株式会社
     プライマリーセル事業部開発グループ,セルアッセ―グループ長


基礎コース(1)、(2)について,それぞれ過半数の講義を聴講した方には,修了証を授与します。
北キャンパス3号館へは北大・学内循環バス(15分間隔)が利用できます。事務局(正門)行きバスの最終は20:42です。


map